酵素ドリンクと青汁の比較

酵素ドリンクと青汁は健康志向の方によく比較されがちですが、ダイエット効果も期待している人にはやはり酵素ドリンクのほうがおすすめです。

≪青汁と酵素ドリンクの違い≫

青汁と酵素ドリンクは、同じ健康志向の強い飲み物として分類されることがありますが、まったく違うものです。

個々の青汁の商品にもよりますが、多くの製法に「生野菜の力」を利用している点においてはほぼ共通しているでしょう。

青汁は基本的にケールなどの野菜や葉っぱを、イメージとしてはミキサーにかけ、そのドリンクを粉上にして販売しているようなものです。

これにより毎日効果的に「生野菜の力」による健康効果を受けられるわけですね。

しかし一方で、酵素ドリンクは野菜を発酵させて作られる汁です。

つまり「発酵野菜の力」というわけですね。

各社特徴のある酵母菌を用いて、長期間かけて発酵させた酵素ドリンクには、青汁と比べ圧倒的に酵素を多く含みます。

そしてこの酵素こそがダイエットに最適なのです。

≪ダイエットに酵素の効果は欠かせない?≫

青汁を飲んで痩せたという話はあまり聞かないですが、酵素ドリンクは同じ野菜ドリンクなのにダイエットを目的に飲む人が多いです。

その理由は青汁にはあまり多く含まれない酵素を多く含んでいるからです。

酵素とは私たちの体の中でも作られていて、日々の『消化吸収』『代謝』を助ける成分として働いています。

この酵素を豊富に含んだ野菜原料のドリンク酵素ドリンクは、まず生の状態でミキシングされた青汁と比べ、体内に栄養分を吸収しやすい状態になっています。

酵素は消化吸収を助ける成分ですから、ビタミンやその他栄養素を効果的に体に取り込めるわけですね。

その上、代謝を高める酵素ドリンクは脂肪燃焼にも効果的です。

生野菜にも酵素は含まれますが、生の状態ではその全てを吸収できない上、微量です。

野菜の力を高める「発酵」作業がなされた酵素ドリンクだからこそ、ダイエットにも健康効果にもより高い効果を発揮できるのですね。

≪消化吸収機能の衰えにも酵素ドリンクが◎!≫

酵素はダイエットに効果があると言いましたが、年齢を重ねることで代謝が落ちてくるのを感じている人も多いでしょう。

痩せているから特にダイエットを意識していなくても、代謝が落ち、思うように体が動かせない、運動できない人にも、酵素ドリンクがおすすめです。

というのも年齢を重ねると、体内で作られる酵素量が減ります。

すると代謝にも当然影響が出ますが、消化吸収機能にも影響が出るのですね。

年を取ると急に食欲がなくなったり、肉より魚、炒め物より煮物になっていくのはその為です。

ダイエットだけでなく、代謝面や消化吸収機能に衰えを感じた場合にも、酵素ドリンクは青汁よりもより高い健康効果を発揮できるでしょう。

ファスティング&酵素ドリンクの基礎知識

ファスティングの基礎知識!

酵素ドリンクの気になるQ&A

ファスティング調査員5名が、ネットで話題の11種類の酵素ドリンクを徹底的に飲み比べて、味・見た目・香り・成分・飲みやすさの10段階でリアルに評価しました!

これを機にあなたもホンネで評価した調査員のレビューを参考にして、自分に合った酵素ドリンクを選んでみては?

ファスティングダイエット用酵素ドリンクランキング


ベジーデル酵素液
ベジーデル酵素液

味もおいしく成分も抜群!
販売開始1年9カ月で39万本は圧倒的!
7,980円(税込)

ベジライフ酵素液
ベジライフ酵素液

話題性NO.1の商品
浜田ブリトニーさんが-10キロの減量を達成
4,980円(税込)

ごちそう酵素 ごちそう酵素

ゴクゴク飲めちゃうおいしい酵素ドリンク。
7,350円(税込)
   

さらに



「ファスティングダイエット@成功の秘訣《お勧め酵素も紹介》」について

ファスティングダイエットや酵素ダイエットに詳しいサイト。 今や世の中では週末断食などのいわゆるプチ断食が大流行していますよね。 でも、ファスティングを水だけで乗り切るのは至難の業なんです。リバウンドせずに楽に成功させるコツを伝授しています。